LIVE IN THE MOMENT

俺の記録は蓄積されるとやがて歴史になる

森田療法が始まる


経口補水液OS-1 オーエスワン
スポーツ飲料に入っているのはブドウ糖ではなく砂糖。日本のスポーツ飲料はそのまま飲むと糖質過多、薄めると肝心の電解質(ナトリウム、カリウム)がほとんどなくなる。 カロリーゼロや糖質オフと謳って人工甘味料を使っているスポーツ飲料もあるが、浸透圧の調整ができなくなって甘い飲み物になるだけ。

森田療法が始まる

精神科に行ってきた。

森田療法のすすめ―ノイローゼ克服法

森田療法のすすめ―ノイローゼ克服法

今日からこの本を医師と一緒に読んでいくことになった。

いま仮に、「いつも気分はほがらかでなければならない」と決めてかかる人があるなら、それは人間性を知らないで、人間性を自分の欲望で勝手に無視してしまう完全主義者である。こういう人はつねに、「気分はよくも悪くも変化する」という人間の事実に裏切られて、ますます気分を悪くする。事実に即さない観念論的態度からいろいろの神経症(ノイローゼ)が生まれやすいのである。

この部分を音読しただけ。

短っ!

一気に読んで頭でっかちになる人がいるけど、少しずつ読んでいくのがいいんだと。

行動記録も書いて提出したらインターネットの時間が多いと言われた。

家にいると騒音が気になって無気力になると話したが、「嫌なら図書館にでも行けばいいじゃん」と言われた。

薄っぺらいッ!

この精神科はいわゆる5分診察です。

俺の前に3人患者がいたが、3人とも2,3分で診察終了だった。

俺は森田療法の本を読んでいるので5分以上かかっているが、5分以上診察しないと精神専門療法330点は追加できない。*1

薬を渡すだけの精神科が多いから症状が慢性化して、メンタルが安定しなくなるんだよね。

日本の精神科は自殺率を高めている諸悪の根源だと思う。

そう考えると5年以上通っているもう1つの精神科の医師はかなり良心的だと思った。

正直、保険適用じゃなくて民間のカウンセラーがこんなことをやってたら俺は行くのをやめたと思う。

まあ、しばらく付き合ってみますわ。

関連記事

*1:「精神科専門療法」のうち通院・在宅精神療法(1回につき)では30分以上の場合400点、30分未満の場合は330点らしい。おまけに通院・在宅精神療法は、診療に要した時間が5分を超えたときに限り算定するようだ。