今を生きるブログ

俺の記録は蓄積されるとやがて歴史になる


スポンサーリンク

京都大学、幸福の神経基盤を解明

普通に生きていても幸せになれない人っていると思うんだよね。常に不幸に見舞われたり、変な奴らが不可抗力で現れたりと。

昨日こんな記事を書いたらこんな研究結果が発表された。

幸福の神経基盤を解明 — 京都大学

心理学研究は、主観的幸福が、質問紙で安定して計測できること、感情成分と認知成分から構成されていることを示してきました。

右半球の楔前部頭頂葉の内側面にある領域)の灰白質体積と主観的幸福の間に、正の関係があることが示されました。つまり、より強く幸福を感じる人は、この領域が大きいことを意味します。また、同じ右楔前部の領域が、快感情強度・不快感情強度・人生の目的の統合指標と関係することが示されました。つまり、ポジティブな感情を強く感じ、ネガティブな感情を弱く感じ、人生の意味を見出しやすい人は、この領域が大きいことを意味します。こうした結果をまとめると、幸福は、楔前部で感情的・認知的な情報が統合され生み出される主観的経験であることが示唆されます。主観的幸福の構造的神経基盤を、世界で初めて明らかにする知見です。

 今回の結果は、幸福という主観的な経験を、客観的・科学的に調べることができることを示します。今後、瞑想トレーニングが楔前部の体積を変えるといった知見と併せることで、科学的データに裏打ちされた幸福増進プログラムを作るといった展開が期待されます。

主観的幸福が質問紙で計測できるという点が個人的にすごくひっかかるし、世の中に蔓延してる効果のないサプリメントも「示唆される」研究結果を元に発売されてるからまだなんとも。

ただ興味はある。

ちなみに俺は人生に意味なんてないと思ってるし、意味を見出すのはナンセンスだと思ってる。

関連記事

瞑想をすると脳の体積が増えると言われてるよね。

Remove all ads