今を生きるブログ(^3^)/

俺の記録は蓄積されるとやがて歴史になる


ビジネスパーソンの英文メール術

関谷英里子の たった3文でOK! ビジネスパーソンの英文メール術

関谷英里子の たった3文でOK! ビジネスパーソンの英文メール術

参考になったこと

  • I hope all is well with you.(お世話になっております)

  • To whom it may concern,(ご担当者様)

  • place an order(発注する)

  • howeverはbutよりフォーマルな印象を与える。

  • quote(見積書)

  • order sheet(発注書)

  • confirmation sheet(発注確認書)

  • revise(訂正する、改定する)

  • courier(国際宅急便)

  • bulk discount(大口注文に対する値引き)

  • Would it be possible for you to ~(~できますか?)

  • defective(不良品)

  • according to our records,(我々の記録によると、と書くことで御社からの支払いがないと断定するのを避ける)

  • EOM End of message

  • re (regardingの略で~の件という意味)

  • FYI=for your information (ご参考までに)

  • TBD=To be determined(未定、未確定)

  • the item in question(問題の商品)

  • get together(集まる)

  • drop by(立ち寄る)

  • This is a quick note to let you know that~と始めるとこのメールが短いメッセージだということが伝わる。

  • Time and date(日時)Location(場所)Objective(目的)これらは会議の決まった表現。

  • go over(振り返る)

  • keep in touch(連絡を取り続ける)

  • You've earned it.(よくやった)

雑感

高校時代に英作文で「しかし」はbutよりhoweverがいいと習った記憶がある。おそらくZ会の添削で習ったんだと思う。

FYIはブログで使おうと思う。

Remove all ads