LIVE IN THE MOMENT

俺の記録は蓄積されるとやがて歴史になる

ナイアシンによるホットフラッシュ

ナイアシンによるホットフラッシュ

  1. 十分量の蛋白質アミノ酸)を摂取する

  2. 炭水化物(糖質)を減らす=糖質制限 過剰な糖質はインスリン分泌を促し、「慢性炎症」を起こして細胞を「糖化」させる 精製糖質(白米、小麦粉、砂糖)は直ちにインスリンを分泌させるため避ける ゆっくり吸収されてインスリン分泌が少ない低GIの糖質はある程度摂取しても構わない----玄米、全粒粉の小麦粉、イモ類等の根菜類  果糖を液体で摂ることは避けるーーー野菜ジュース、果物ジュース スポーツドリンクは飲まない

  3. ビタミンB3(ニコチン酸ナイアシン)3g+ビタミンC3g いずれも水溶性ビタミンであるため1日3回に分けて服用

医師二人が統合失調症ナイアシンが有効と言っているので、3日前から摂取しています。

ナイアシン(ビタミンB3)[海外直送品]
Solaray
売り上げランキング: 17,204

iherbはこちら

飲んでるのは藤川医師がおすすめしてたこれです。

統合失調症には1日3g摂取が推奨されていますが、自分は500mg錠を1日3回飲んでいる状態です。

なぜならば500mg1錠を飲んだだけでホットフラッシュが起こるからです。頭、顔、耳、肩、胸が非常に熱くなります。顔も真っ赤になります。

今後、無理のない範囲で徐々に増やしていきたいと思います。

統合失調症患者の前頭葉にはヒスタミンH3受容体の密度が大きい  

追記2019/1/10

https://imassamayr.tumblr.com/post/181875295483/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%99%A2%E8%96%AC%E5%AD%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%99%A2%E3%81%AE%E9%87%8E%E6%9D%91%E6%B4%8B%E8%AC%9B%E5%B8%AB%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%99%A2%E5%8C%BB%E5%AD%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E7%A7%91%E3%81%AE%E9%AB%98%E6%A9%8B%E8%8B%B1%E5%BD%A6%E5%87%86%E6%95%99%E6%8E%88%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E9%99%A2%E8%96%AC%E5%AD%A6%E7%B3%BB
https://imassamayr.tumblr.com/post/181875527143/%E3%83%92%E3%83%88%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%AF%E6%AD%BB%E5%BE%8C%E8%84%B3%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%92%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3h3%E5%8F%97%E5%AE%B9%E4%BD%93%E3%81%8C%E5%A4%A7%E8%84%B3%E3%81%A8%E5%9F%BA%E5%BA%95%E6%A0%B8%E3%81%AB%E5%A4%9A%E3%81%8F%E5%88%86%E5%B8%83%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%84%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E6%A9%9F%E8%83%BD%E9%9A%9C

人の認知機能にヒスタミンが関わっているらしい。

認知機能障害のある統合失調症患者の前頭葉にはヒスタミンH3受容体の密度が大きいそうだ。

動物実験段階ではこのヒスタミンH3受容体がヒスタミンはもちろんセロトニン、GABAなどの神経伝達物質の放出までも抑えてしまうそうだ。

ナイアシンヒスタミンを体外に出そうと血管中に放出する。(ビタミンCもヒスタミンを体外に排出する機能があるみたい)

そう考えると統合失調症にやはりナイアシンは効果があるのかもしれない。