今を生きるブログ

俺の記録は蓄積されるとやがて歴史になる


スポンサーリンク

パキシルをさらにさらに減らす

パキシルを減らす

精神科に行ってきた。

効果が特に感じられないのでパキシルをやめたいと医師に伝えた。

医師は服用をやめたらまた症状がひどくなるかもと反対してきた。

もし効果がないというのなら他の薬に変えることもできるとデプロメールを勧めてきた。

これもSSRI選択的セロトニン再取り込み阻害薬)だそうだ。

また違う薬を飲んで脳に影響を与えるのもどうかと思ったので断った。

やめるのが無理だったらパキシルを減らしてくれと頼んだところ医師からOKが出た。医師は心配してた。

20mg1錠になった。

減らしても何にも症状は変わらないけどね。

今年の8月末でこの精神科に通って2年経つ。医師から薬を減らそうという感じは見られなかった。

結局、俺が減らしたいと申し出ている。

順調にパキシルを減らしてきてる。

参考記事

SSRIはどんな薬なのか書かれてます。パキシルデプロメールも紹介されてます。

これは最悪な場合だろうけど、こういう副作用もあると知っておくべきでしょう。

精神科専門療法とは

精神科だが、整形外科より診察代が異常に高い。

昔、整形外科でレントゲンを撮って湿布を処方してもらって1000円いかなかったのに、精神科はいつも1000円を超えてたので疑問に思ってた。

領収書を見ると初診・再診料に加えて精神科専門療法という名目で330点がつけられていた。

明細には「通院・在宅精神療法」が330点となっていた。

厚生労働省のページに詳しく説明があった。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken15/dl/2-11.pdf

1 区分番号A000に掲げる初診料を算定する初診の日において、地域の精神科救急医療体制を確保するために必要な協力等を行っている精神保健指定医等が通院・在宅精神療法を行った場合 700点

2 1以外の場合

イ 30分以上の場合 400点

ロ 30分未満の場合 330点

注2 通院・在宅精神療法は 診療に要した時間が5分を超えたときに限り算定する 。

精神科と話すだけでこんな点数がつけられるのだろうか?専門療法とは言えないだろ。こんなの必要か?医療費が高くなるだけでしょ。

今日試しに診察は何分かかるかスマホで計ったら6分でした。(待ち時間は25分だった・・・)

精神科に通ってる人は明細やら時間を要チェックだね。

関連記事

Remove all ads