今を生きるブログ

俺の記録は蓄積されるとやがて歴史になる


スポンサーリンク

パート就労拡大へ企業に補助金 「130万円の壁」対策 政府、19年度までの4年間

パート就労拡大へ企業に補助金 「130万円の壁」対策 :日本経済新聞

年収が130万円を超すと年金や医療の保険料が20万円近くかかるようになる。働く時間を抑制する「130万円の壁」と呼ばれる。16年10月から従業員501人以上の企業*1では厚生年金や健康保険の加入基準が変わり保険料が発生する年収基準は130万円から106万円に下がる。

現在、時給1000円で週20時間働くと年収は104万円。社会保険料もないため手取り額も同じ104万円だ(税金は計算の対象外とした場合)。新制度の適用を受け1030円の時給で週25時間働く場合、年収は約30万円増の133.9万円。社会保険料の19.4万円を引いた114.5万円が手取り額となり、104万円を上回る。

ただ、今回の給付金事業19年度までの緊急対策との位置付けだ。対象となる20万人は約1600万人のパート労働者の1%強にすぎない。「雇用保険の積立金が余っているなら保険料を引き下げる形で企業や家計の負担を減らすのが筋だ」との議論も根強い。

時給1000円で働いてるパートなんて都心部の話だろ。ていうかそんな人は少数だろ。

おまけに主婦層で130万円を超えないように調整してる人なんて聞いたことがないんですけど。103万円ならよく聞くけど。

130万円にすら届かないからもっと働きたいと言ってる人が多い。

900yen×6h×20d×12month=1296000yen

参考 2016年(平成28年)10月以降、追加される適用対象者

「適用拡大となる対象事業所」(現行の適用基準で適用となる被保険者数が501人以上の事業)において、以下のすべてに該当する従業員

  • 1週間の所定労働時間が20時間以上の者

  • 月額賃金が88,000円以上の者

  • 1年以上の雇用見込みがある者

  • 学生ではない者

関連記事

http://imassamayr.tumblr.com/post/134517792913/健康保険料は自治体によって違いますが月額5000円程度国民年金保険料は15000円程度の負担に

*1:現行の適用基準で適用となる被保険者数が501人以上の事業が対象。単に501人以上ではないことに注意。今後、中小企業も対象となるだろう。

Remove all ads