今を生きるブログ

俺の記録は蓄積されるとやがて歴史になる


軽井沢の事故 ツアーバス運賃は法定下回る額で契約

バス運転手、経験不足か 軽井沢の事故 :日本経済新聞

長野県軽井沢町でスキーツアーの大型バスが転落し14人が死亡した事故で、バス運行会社が事故時にハンドルを握っていたとみられる運転手について、経験不足を不安視し一般道を走らないよう指示していたことが16日、分かった。入社後の大型バスの運転経験が乏しく、技量不足のまま運転していた可能性がある。運行会社社長は同日、運行管理の不備を認め謝罪した。

 運行会社「イーエスピー」(東京都羽村市)によると、事故時に運転していたとみられ、死亡した土屋広運転手(65)=東京都青梅市=は昨年12月に入社。研修を含め大型バスを運転したのは4回程度だったという。

 土屋運転手は同社の採用面談時に「大型も何回も乗ったことがあるから大丈夫」と話したというが、同社は過去の勤務先に運転歴などを確認しておらず、慣れさせるため高速を運転させた方がよいと判断。16日に記者会見した同社の運行管理者の荒井強所長(47)は「一般道の運転はさせず、高速道路をやってもらおうと指示していた」と、経験を不安視していたことを明らかにした。

 同運転手は和菓子製造や砕石販売などの会社を経て、バス運転経験は通算10年以上あった。ただ土屋運転手の過去の勤務先などによると、中型やマイクロバスの運転が多かったという。

 観光会社で大型バスを15年運転した経験があるという運転手によると、大型バスは車体の重さなどから、ブレーキの使い方などで一定程度の経験が必要という。「経験が浅いと、ブレーキをかけても重さでバスが減速せず、パニックになることもある」と指摘。「大型バスの運転経験が4回程度だったとすれば、実務に就くにはあまりに少ない」と話す。

 また、事故現場について「峠の下りの最後の緩いカーブなので、熟練した運転手なら事故を起こす場所ではない」とも指摘した。


ツアーバス運賃、法定下回る額で契約 軽井沢の事故 :日本経済新聞

今回のツアーの往復バス運賃が、法定基準の下限額(約27万円)を下回る約19万円で契約されていたことが16日、分かった。ツアーを募集した旅行会社「キースツアー」(東京・渋谷)とイーエスピーを仲介した会社が観光庁の調査に対し、「キース社から提案を受けた運賃は下限を下回っていた」との趣旨の説明をした。

 道路運送法は安全軽視の運行を防ぐため、一定の基準値内でバス運賃を設定するよう求めている。

 仲介した「トラベルスタンドジャパン」(東京・千代田)から観光庁が16日に受けた説明によると、今冬のスキーシーズン前にキース社がトラベル社に、下限額を下回る運賃でのバスの手配を提案。トラベル社はキース社から「今冬は雪が少ないので料金を安くしないと客が来ない。雪が積もってくれば、客も増えてくるので、運賃を上げる」などと説明されたという。

 運賃の下限割れはイーエスピーも認識しており、複数回のやり取りを経て最終的な運賃が決まったという。

 国土交通省観光庁は17日以降、キース社やイーエスピーからも運賃設定の経緯を詳しく聴く方針。

 観光庁によると、キース社が主導して下限を下回る運賃を決めていれば道路運送法違反により旅行業法に基づく業務停止処分を受ける可能性がある。同社は東京都に旅行業登録しており、処分権限は東京都にある。

運転手の経験不足が原因みたいにされてるけど、会社も問題ありでしょ。

通常ルートは高速道路を経由するのに、高速道路を通らないで碓氷バイパスを通ってる。

https://imassamayr.tumblr.com/post/137470825978/スキー客を乗せて暗闇の峠を走っていたバスに何が起きたのか長野県軽井沢町の国道18号碓氷バイパスで1

バスの同業者もなぜカーブが多い道を選ぶのか疑問と言っているそうだ。

バス会社が採算を合わせるために、一般道を通れと指示してたんじゃないの?運転手が単独で判断するとは思えない。

あとは旅行会社「キースツアー」がバスの運賃を下げろと提案して、バス会社「イーエスピー」も断れなかったんだと思う。

その値段でやらないなら、他の取引も別のバス会社に任せますってな感じで。

運転手が悪いで終わらせても、こういう事故はなくならない。

業界にはびこっているおかしな構造を是正しないと。

追記 2016/1/24

https://imassamayr.tumblr.com/post/137860181408/bus

やはりこういうことでした。

FYI

Remove all ads