今を生きるブログ

俺の記録は蓄積されるとやがて歴史になる


スポンサーリンク

ブックオフは店によって査定額が異なる

ジムの近くにあるブックオフで本を売ったのだが、折れ目が付いてるとかカバーが少し破れてるとイチャモンをつけられて買い取りできないと言われた。

ということで売れなかった本を別のブックオフに売りに行ったのだが、普通に値段がついた。カバーが破れてるという本は3400円くらいの専門書で400円の値がついた。

完全に店舗によって査定の仕方が違うよね。

今日売りに行った本屋はデータベース化された端末と照合して値段をつけてる感じだった。実際、新しい本は比較的高値(200円~300円)がついた。

ジムの近くにあるブックオフは文庫かマンガかなどの大雑把な分類ときれいか汚いかだけで査定してる気がする。

これからこっちのブックオフに行こうと思う。

追記 2016/10/6

今日もこのブックオフに本を売りに行った。

やはり今年発売の単行本は200円近くで売れる。2年前に発売されたビジネス本は500円で売れた!

最近、1年前から積読されてる本に手を付け始めて、読む気がしないと思った本は売ることにしてる。

Remove all ads