今を生きるブログ

俺の記録は蓄積されるとやがて歴史になる


スポンサーリンク

精神科医って薬剤師でも務まるだろ/医療費の怪 調剤技術基本料

薬剤師が精神科をやっても問題ないだろ

精神科に行ってきました。また代診でした。この日のことを話したら「薬が切れてたから余計にイラついたのでしょう」と予想通りの回答。

精神科医って調子を聞いて薬を処方するだけ。こんな業務は薬剤師でもできるだろ。

それでいて整形外科とかより再診料が高い。おまけに調子を聞くだけなのに「通院精神療法」とのたまって330点も加算しやがる。めちゃくちゃだよな。

ホント精神科の診療報酬を減らさないとダメだよ。

また新たな項目が追加された

明細書を見たら点数が増えてた。

薬も変わってなければ診察も通常。

確認したら調基という項目が増えて8点追加されてた。

8点ということで調剤技術基本料に該当しますね。

調剤技術基本料・・・薬剤師が常時勤務する保険医療機関において投薬を行った場合(処方せんを交付した場合を除く。)に算定する。 同一の患者につき同一月内に調剤技術基本料を算定すべき投薬を2回以上行った場合においては、調剤技術基本料は月1回に限り算定する。

こんなのいつもあったかな?

調剤技術基本料は重複投薬の防止等保険医療機関内における調剤の管理の充実を図るとともに投薬の適正を確保することを目的としている。

いやいや薬剤師という資格を持ってるんだから重複投薬をしないように確認するのは当然だし、調剤の管理なんて薬を棚に置くか冷暗所に入れて置くだけだろ?

こんなのを診察報酬にするんじゃないよ。税金の無駄遣い。

浜松医大流エビデンスに基づく精神療法実践集

浜松医大流エビデンスに基づく精神療法実践集

Remove all ads