今を生きるブログ(^3^)/

俺の記録は蓄積されるとやがて歴史になる


ジム・ロジャーズとトマ・ピケティの「21世紀の資本」

ジム・ロジャーズの見通し

アベノミクスは最近では否定的な意見が多いですね。

アベノミクスという言葉が世間にあふれた時、そこらへんのおっさんは口々に「景気がよくなった」って言ってたのにw

アベノミクスというと金融緩和という印象が強いです。それは効果があったと思います。

2,3本の矢があまりピンときません。

http://biz-journal.jp/2015/01/post_8514.html

オリンピック前に大変なことになりますか・・・。

日経は株価が上がるって言ってますよね。

あとジム・ロジャーズは2年前くらいから若い人は中国語を学んだほうがいいと言ってます。

個人的な考えですが、日本人は将来、中国人に使われるような気がします。

トマ・ピケティの「21世紀の資本」

これも話題ですね。でも、一体なんなのかわからなかったのですが、以下の記事が簡単に説明してくれています。

20世紀後半だけが格差なきよき時代だった――読まずにすます『21世紀の資本』 | ハーバービジネスオンライン

要は資本主義がすすめば格差がなくなるはずだが、現状は格差が広がっているということですね。

だからトマ・ピケティは資本への課税を強化すべきと言っているんですね。

r>g

r(資本収益率)はg(経済成長率)を常に上回る、という意味。つまり、投資で得られる利益の伸び率は、労働賃金の上昇率を上回る。

Remove all ads