Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

今を生きるブログ

俺の記録は蓄積されるとやがて歴史になる


静岡県湖西市、マイナンバーを流出させる

マイナンバー:1992人分流出 制度開始以来最大規模 - 毎日新聞

静岡県湖西市は16日、昨年同市にふるさと納税をした1992人について、別人のマイナンバーを記載して寄付者が住む自治体に通知していたと発表した。国の個人情報保護委員会によると、一度に大量のマイナンバーが本人以外の第三者に漏えいしたのは、2015年10月のマイナンバー制度開始以来最大規模で、マイナンバー法で定められた「重大な事態」に当たるという。同市は「個人情報が外部へ流出する可能性は低い」としている。 静岡県湖西市は16日、昨年同市にふるさと納税をした1992人について、別人のマイナンバーを記載して寄付者が住む自治体に通知していたと発表した。国の個人情報保護委員会によると、一度に大量のマイナンバーが本人以外の第三者に漏えいしたのは、2015年10月のマイナンバー制度開始以来最大規模で、マイナンバー法で定められた「重大な事態」に当たるという。同市は「個人情報が外部へ流出する可能性は低い」としている。 確定申告が不要になる「ワンストップ特例制度」でふるさと納税の寄付を受けた自治体は、寄付者が住む市区町村に寄付分の税を控除をするよう通知する。同市は先月27日に5853人分の通知を発送したが、同月30日に送付先の自治体から「他人のナンバーが記載されている」という連絡を受け調査した結果、8都道県の174市区町に通知した計1992人のマイナンバーが、別人のものだった。

 同市財政課では、通知書類の作成を職員3人が担当。表計算ソフトでデータを管理していたが、寄付者の居住自治体別に表を並べ替えた際、表にずれが生じたという。

これからもマイナンバーは普通に流出すると思う。

それでも行政は問題なしで済ます。

税理 2017年 01 月号 [雑誌]

税理 2017年 01 月号 [雑誌]

この雑誌にはマイナンバーガイドブックが付属しています。

源泉徴収簿にマイナンバーの記載は必要ないと書かれています。源泉徴収簿は法令上の書類ではないため国税通則法第124条の書類に該当しないそうです。

Remove all ads