今を生きるブログ

俺の記録は蓄積されるとやがて歴史になる


糖質制限ダイエットは健康によくないと思う

糖質制限ダイエットと「突然死」の因果関係は│NEWSポストセブン

『おやじダイエット部の奇跡』などの著書があり、“糖質制限ダイエットの伝道師”として知られるノンフィクション作家の桐山秀樹氏が急死していたことが分かった(享年62)。死因は心不全で、滞在中のホテルのベッドで倒れていたという。

 桐山氏は2010年に糖尿病と診断されたことをきっかけに、ご飯やパン、麺類、ジャガイモのような糖質(炭水化物)を多く含む食品を食べない糖質制限を実践。3週間で20kgのダイエットに成功した体験を広く紹介し、人気のダイエット法として定着させた。

糖質制限ダイエットは安全なのか危険なのか――。この議論はこれまでも度々繰り返されてきたが、じつは糖尿病の専門医でも「推進派」と「反対派」が拮抗しているのが現状だ。2014年5月に開かれた糖尿病学会の学術集会で糖質制限食の是非が話し合われた際も、意見は完全に割れた。

 推進派の医師は、糖質制限によって短期間で体重を減らすことができるメリットのほか、血糖や血圧、脂質の値がすべて改善し、糖尿病のさまざまな合併症予防も期待できると主張した。

 一方、反対派の医師からは、糖質を抑える代わりにタンパク質や脂質の摂取量が増えれば、腎機能や骨密度の低下、悪玉コレステロールの増加による動脈硬化心筋梗塞のリスクが高まる、と真っ向から対立。糖尿病学会としては、〈長期的な食事療法としての遵守性や安全性などを担保するエビデンスが不足しており、現時点では薦められない〉(2013年に出した提言)と慎重な立場を崩していない。

この人は3週間で20kg痩せてるから病気の領域だよね。糖質制限ダイエットと因果関係はないと言われてるけど、何かしら体に負担がかかってたでしょ。

月に自分の体重の5%以上減らすのはよくないらしい。

過度な糖質制限は体に負担がかかるでしょ。人間の体は糖質を抜けば痩せるといった単純なものではない。

俺も約2年前にこの人の本を読んで糖質制限ダイエットをやったけど、世の中の食べ物はほとんど糖質が含まれていて、糖質のない食事を選ぶのに負担がかかったので止めた。

ただ、当時の俺(今もデブだけど)は超肥満だったので糖質制限で体重は減った。一気に落ちる時期もあれば、なかなか減らない時期もあった。

要は簡単に体重は減らないってことです。一気に減ったら確実に体に負担がかかってるだろうし、病気の疑いもある。

標準体重の人は糖質制限ダイエットなんぞやる必要はないと思う。

俺は現在、絶賛ダイエット中だが、食事制限するダイエットをする気がない。なぜならば逆に健康に悪いと思うから。

Remove all ads