今を生きるブログ(^3^)/

俺の記録は蓄積されるとやがて歴史になる


国民年金保険料の強制徴収 対象を拡大へ

厚生労働省は、国民年金の保険料について、悪質な滞納者を放置すれば年金制度への信頼が揺らぎかねないとして、新年度・平成27年度から、支払いに応じない場合には財産を差し押さえるなど、強制的に保険料を徴収する人の対象を、今年度の1.5倍に当たる全国20万人に拡大することにしています。

自営業者などが加入する国民年金の保険料の納付率は、平成元年には84.7%でしたが、昨年度・平成25年度は、60.9%にまで落ち込み、4か月以上滞納している人はおよそ620万人に上っています。 厚生労働省は、保険料を納めていない人のうち、支払い能力がありながら保険料を滞納する人を放置すれば、現役世代が高齢者世代を支える年金制度への信頼が揺らぎかねないとして、新年度・平成27年度から納付対策を強化することにしています。 具体的には、督促状を送っても支払いに応じない場合には、財産を差し押さえるなど、強制的に保険料を徴収する人の対象を、「年間の所得が400万円以上」という要件は変えないものの、滞納期間をこれまでの「13か月以上」から「7か月以上」に短縮し、今年度の1.5倍に当たる全国20万人に拡大することにしています。 厚生労働省は、今後も強制的に保険料を徴収する対象を拡大していく方針で、平成30年度までに、納付率を60%台半ばに引き上げたいとしています。byNHK

あれ?俺は年収が400万円以上ないのに圧力かけられたぞ。

ホントバイトをしないとね・・・。

Remove all ads