今を生きるブログ(^3^)/

俺の記録は蓄積されるとやがて歴史になる


静岡県内の外国人も減ってるらしい

中日新聞静岡新聞より。

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20150218/CK2015021802000046.html

県は十七日、住民基本台帳に基づく二〇一四年十二月末現在の県内外国人人口を前年比0・4%減の七万一千三百一人と発表した。六年連続の減少で、最多だった〇八年(十万三千三百八人)に比べ三割減となった。

最も多いのはブラジルで4・2%減の二万四千七十四人。次いでフィリピンが4%増の一万三千三十人。中国が7・5%減の一万一千二百九十五人、韓国・朝鮮が3・4%減の五千四百四十七人、ペルーが3・5%減の四千三百九十七人と続いた。

市町別で最多は浜松市の二万九百五十二人。次いで静岡市の八千十二人、磐田市の五千九百五十一人。市町別の人口比率は菊川市が5・21%で最も高く、次いで湖西市4・39%、磐田市3・49%だった。

一二年の外国人登録法廃止と改正住民基本台帳法施行で適法に三カ月以上在留する外国人で、国内に住所がある人が登録されるため、より実態に近い人口把握が可能になった。

フィリピン人が増えている。あんまり聞いたことがないな。菊川市湖西市磐田市は工場が多いからでしょうね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150218-00000025-at_s-l22

静岡県が17日発表した2014年12月末時点の県内の外国人人口は7万1301人で、前年比263人(0・4%)減だった。減少は6年連続となり、県の担当者は「県内での仕事が減った影響で、県外転出や帰国の動きがあるのではないか」と話している。  市町の住民基本台帳を基に集計した。国籍別では、ブラジルの2万4074人(構成比33・8%)、フィリピンの1万3030人(同18・3%)、中国の1万1295人(同15・8%)が多く、3カ国で7割近くを占めた。ブラジルは前年から4・2%減った。  県多文化共生課によると、近年はベトナムインドネシアなどの増加が見られ、多様化が進んでいるという。  市町別に見ると、最多は浜松市の2万952人(前年比1・7%減)。静岡市の8012人(同0・5%減)、磐田市の5951人(同2・5%増)が続いた。  人口に占める外国人の割合は全県で1・88%。比率が高いのは菊川市(5・21%)、湖西市(4・39%)、磐田市(3・49%)などだった。 f:id:imassa:20150220025901p:plain

ベトナム人、インドネシア人が来ているのか。工場労働の人じゃないんだろうね。介護とかかな?

まあ、静岡県から日本人のみならず外国人も減っているということは静岡県で働く場所が減っていることの証明になるでしょう。

工場や農業以外に働く場所を作らないとダメですね。

知事は東京がなんで人口が増えているか研究した方がいいでしょう。愛知県も増えてるけど、ここもトヨタ系の工場が多いから参考にはならないだろう。

人口を増やすんじゃなくて住みやすいところだったら自然と人が集まることを知るべきでしょう。

FYI

http://imassamayr.tumblr.com/post/122501848113/nhk-news-web-追跡消えた日系ブラジル人から

Remove all ads