今を生きるブログ(^3^)/

俺の記録は蓄積されるとやがて歴史になる


今飲んでる薬はパキシル。僕が精神科に通うまで。

今飲んでいる薬

自分は精神科に2週間に1回通っています。

今、夕方にパキシル20mgを2錠、パキシル10mgを1錠飲んでいます。

薬と一緒にもらった紙には、

うつ状態や過度の不安、イライラ感、強迫観念、外傷後ストレス障害などの症状を改善する薬です。脳の機能を調節するセロトニンの働きを活発にし、症状を緩和します。

と書かれています。

最初はこれに加えてジプレキサデパスも服用してましたが今は飲んでいません。

調べてみるとこの薬はSSRI選択的セロトニン再吸収抑止物質)という抗うつ剤の一種だそうです。

脳内のシナプスで放出されたセロトニンは通常再取り込みされるのですが、うつ病の人はシナプスのところで足りない状態になっているので、その再取り込みを阻害することによって脳内セロトニンの濃度を保つことによりうつ病が改善されるそうです。

副作用として、吐き気、頭痛、口が渇く、下痢、発汗、性機能の異常、めまいなどがあるようです。

自分は口が乾く、下痢、発汗、めまいがありますね。下痢は結構ひどいです・・・。

ちなみに僕は強迫性障害じゃないかと言われています。

調べると、強迫性障害は不安障害の1つとされ、最新の研究で脳内の神経伝達物質であるセロトニンが減少しているということがわかっており、うつ病と同様SSRIなどを処方されるようです。

今の精神科に通うまで

自分は大学を卒業してから現在に至るまで浜松市内の精神科を4,5軒回りましたが、病名を直接言うところはほとんどなかったです。

最初に行った所ではアイデンティティ拡散アイデンティティディフュージョン)と言われました。

ほとんどの医者が調子を聞いて薬を渡すだけなので自分は行く気が失せました。中には患者である自分に怒ってくる医者もいました。(予約時間に診察されないのでそれを見計らって遅れて行ったら時間通りに来いと言われました。自分が悪いんですがw)

2013年9月にとある出来事があって「自分は一生フリーターだ。生きていてもしょうがない」と思い自殺を決意しました

死にたいと思ったことは何度もありますが、自殺しようと思ったのは本当に初めてでした。

身辺整理をしている時に何回も泣きました。

部屋が異常に片付いていて、自分が書いたメモに異変を感じた母親が自殺しようとしてることに気づいて両親に今の病院に連れて行かれました。父親の会社の主治医が紹介してくれたそうです。

今の精神科には1年以上通っています。

正直、薬も効いてるのか効いてないのかあまり実感がないです。精神科はあくまでサポートするだけで治すのは自分自身なのかな-と思ってます。

Remove all ads